バルトレックスを服用する女性

ヘルペスにバルトレックス

ヘルペスは一度発症すると、症状が治まってもウイルスが残って完治が難しく、再発する可能性が高い病気です。症状を感じ始めたらバルトレックスをすぐに飲むことで完治がはやまります。

バルトレックスを飲むとどうなる?

単純疱疹や性器ヘルペスなどのヘルペスウイルスに感染する事によって発症する病気に対して有効なバルトレックスは、主成分はパラシクロビルという成分です。
バルトレックスを投与すると腸から吸収されて体内でパラシクロビルがアシクロビルという成分に変わり、このアシクロビルが抗ウイルス作用を示します。
どうして直接アシクロビルを用いるのではなくて体内で変換されるようになっているのかというと、アシクロビルのまま投与するよりも腸から吸収して薬の作用を高めるように工夫されています。
ウイルスは自分自身では増殖する事が出来ませんが、人の細胞に入り込んでDNAを複製する事で増殖します。
その際にはDNAポリメラーゼという酵素が重要な働きをしているのですが、バルトレックスはヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する作用があり、その働きによってウイルスの増殖を抑える効果があります。
ヘルペスウイルスの治療薬ではありますが、ヘルペスウイルスそのものを攻撃して破壊するわけでは無いのです。
つまり、バルトレックスを服用する場合は病気の症状が現れた場合に早目に飲む事が大切であり、発症してから時間が経てば経つほどウイルスの増殖が進行してしまうので、服用するのが遅れると意味が無くなってしまいます。
バルトレックスは処方せん薬であるために病院で診察してもらった上で処方して貰う必要がありますが、その他には海外の医薬品を個人輸入する事で手に入れる方法もあります。
個人輸入に関わる手続きを行ってくれる個人輸入代行業者を介して注文すれば、わざわざ病院へ行かなくても一般的な通販サイトと同じ感覚で購入する事が出来るために一部の人たちの間で利用されています。

■深在性真菌症の予防には・・・
フルコナゾール
■バルトレックスには含まれていない成分
アシクロビル