バルトレックスを服用する女性

ヘルペスは一度発症すると、症状が治まってもウイルスが残って完治が難しく、再発する可能性が高い病気です。症状を感じ始めたらバルトレックスをすぐに飲むことで完治がはやまります。

バルトレックスと保健所で卵管に影響が出る性病の検査

自分の性器周辺に痛みを感じたり疱瘡ができた場合には、ヘルペスなどの性病にかかっている可能性があります。このような症状が現在あるようなら、早めに医療機関を受診して診断してもらうことが治療を行う上で重要です。性病の検査は泌尿器科や皮膚科や婦人科でも行われていますが、女性だと医療機関で性病の検査はしにくいという人もいるでしょう。人に知られずに性病の検査を受けたい女性には、匿名で受けられる保健所での検査が向いています。保健所での検査は本名を完全に伏せて受けられるので、知られずに検査を受けたい人にとって安心な方法です。

保健所などで検査を受けてヘルペスと診断されたら、抗生物質であるバルトレックスで治療を開始することになります。バルトレックスは体内の有害なウイルス菌を抑制する効果があり、この薬を服用することでヘルペスが進行しないよう緩和することができます。ヘルペスは性行為が主な原因となるウイルス性の性病であり、発病すると菌は体内から抹消されることなく存在し続けます。ヘルペスなどの性病は男性にも厄介な病気ですが、女性の体にとっては悪化すると深刻な状況となる危険な病気です。性器周辺に何らかの症状が現れる性病は、症状が進行すると卵管や子宮にまで感染し不妊症となることがあります。生殖機能の中でも卵管周辺は性病で炎症を起こしやすく、卵管性の不妊症になりやすいです。ヘルペスは不妊よりも妊娠中に問題が起きやすく、ヘルペスに感染した状態で妊娠し出産すると生まれが子どもが新生児の内に亡くなる割合が高くなります。

不妊症に至らぬ前に性病であるかの診断を受け、バルトレックスで性病の症状の悪化を予防・改善することを心がけましょう。