バルトレックスを服用する女性

ヘルペスは一度発症すると、症状が治まってもウイルスが残って完治が難しく、再発する可能性が高い病気です。症状を感じ始めたらバルトレックスをすぐに飲むことで完治がはやまります。

ヘルペスが再発したらバルトレックスは効くのか

バルトレックスはヘルペスウイルスに対する感染症の治療に用いられる薬として最も有名なものの一つであり、特に性器ヘルペスの際には重宝されるようになっています。ヘルペスウイルス感染が起こって症状が出ると水疱ができて痛みを伴うことが多く、その治療を行うことは誰もが望むことになります。そのため、性器ヘルペスとなった場合にはバルトレックスを服用することによって治療を行うのが一般的であり、それによって5日程度で完全に症状が消失して治ったように見えるようになります。しかし、バルトレックスを使用した場合にもヘルペスウイルスを完全に死滅させられることは少なく、常に再発のリスクを抱えなければなりません。神経節に入ってしまったヘルペスウイルスをバルトレックスでは排除できないからであり、性器ヘルペスについては再発予防にもバルトレックスが用いられます。基本的にはヘルペスの症状が再発してしまった場合にもバルトレックスは効くため、再度服用を開始することによって治療を行うことは可能です。しかし、それを繰り返していくことによってヘルペスがバルトレックスに対して耐性を獲得してきてしまうという場合もあるため、効きが悪くなってきてしまうというリスクがあることには留意が必要です。もしバルトレックスを飲んでも症状がよくならないという状況になってしまった場合には別の抗ヘルペスウイルス薬を使用した方が無難であり、医師に相談して別の薬を処方してもらうのがよいでしょう。そういった耐性ウイルスが増えてしまうのを防ぐためにも、症状が治っても毎回処方された分だけ薬を飲み続けていくことでできる限りウイルスを体内から排除することが大切です。